家賃保証会社をなぜ利用するかご存じですか? | 宮崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社久保田商事にお任せ下さい。

営業時間10:00~19:00定休日日曜日(個別ご対応いたします)

家賃保証会社をなぜ利用するかご存じですか?

賃貸物件を契約する時に、必ず保証料と言う項目があります。

これは、家賃保証会社を利用する時に発生する費用です。最近では合計家賃の50%~80%が主流となっています。結構大きい額なので、「痛いな~」と思うお客様も多いと思います。この保証料を貸し主が払うのか借り主が払うのかについては、決まっておらず、たまに「どうして借り主が払うの?」とご質問を受ける事もあります。

誰の為の保証なのか?を考えると借り主様にとっても貸し主様にとっても利益があるのですが、今は借り主様が支払うのが一般的です。そこで、この家賃保証について少し説明しておきます。

簡単に言うと掛け捨ての保険のようなものかもしれません。例えば、借り主様が入居中に大きな怪我や病気をしたとします。入院費や治療費はどう支払うでしょう。一般的には保険で支払う事を考えるはずです。普通の保険は、治療が終わった後に保険金が支払われ、医療費に充てるはずです。では、この間、家賃はどうでしょう?家賃も保険金で支払うので待ってくださいと言う事が通用するわけありません。

一般的な契約書には家賃の遅滞について書いてあります。2ヶ月以上の滞納は強制的に契約解除を求められる契約解除権について記載があるはずです。「病気や怪我等で入院してるんだから仕方ないじゃん!!」と言うのは通用しないんです。もしかしたら古きよき時代には、貸し主様が「いいがいいが~困っちょるっちゃかい」と言う事があったかもしれませんが、今は、そんな事は通用しないのです。そんな時の為に、一時的に家賃を立て替えてくれるのが家賃保証会社と思っていただけると良いと思います。

怪我や病気は不測の事態です。そんな時に家賃の事を心配せずに生活する為、入院中に「契約解除のお知らせ」が届いたら治療どころじゃありませんからね。

貸し主様も借り主様も安心して賃貸物件に住む為の契約と思ってください。

文章責任:有限会社久保田商事賃貸担当 本部悦孝

投稿日:2017/07/18   投稿者:-